Aozora Diary

家事は好きじゃない でも食器洗いへのこだわりは・・・

料理を作り、食事が終わると、
待っているのがこの仕事…食器洗い。

洗う量が少ない時は苦にならないのだが、
鍋やフライパン、ボールなどを何個か使い、
流しに山になっているような時などは本当にやる気が下がる。

面倒くさいには面倒くさいのだが、洗うからには
キレイにしたい!というこだわりがあり、油が
残ってテカテカしていたり、卵の焦げつきや米が
固まったものなどがついたままだったりすると、なんか許せない。

すすぎでも泡を残したくない。
ゆえに、結構な時間がかかってしまうことがある。

そもそも、洗う前段階で しばらく水につけていない
と落ちにくいご飯を入れた茶碗などがそのまま置いて
あったり、ソースや油まみれの皿がたくさん重なっていたり
すると一気にテンションが下がってしまう。



が、まだ小さい子供たちに洗う立場を考えて
置きなさい…とは言えないので、基本は自分が
やるようにしているのだが、問題は旦那。

旦那はなぜか食器洗いが好きで(気分転換になるらしい
…わからん)休みの日は積極的にやってくれたり、
平日でも夜、私が風呂に入っている間に洗ってくれる日も
あったりして助かっている。

が、そのわりには流しへの置き方がなっていないのと、
水切りカゴへの食器の置き方がテキトーすぎるという不満がある。

やってくれるだけ十分ありがたいことなのだが、
時々文句を言ってしまうことがある。



長女が旦那の血をひいているのか洗い物好きなので、
長期休みの時は‘お手伝い’として割れやすい皿や
調理道具などを除いて、任せることにしている。

食洗器が欲しい!と憧れた時もあったが、
なにもかにも機械に頼り過ぎるのもよくないし、
色々見ていると、使うの止めたという声とか、
便利じゃないという声もあったりする。
食洗機って必要?

家族のコミュニケーション?やメリハリがつく
ので現状維持でいいかな〜と思っている。